歯周病に関する基礎知識!気になる症状の原因

歯周病の症状・原因とは?歯の疾患を治療しよう

歯周病に関する基礎知識!気になる症状の原因

治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のことをいいます。歯と歯肉の境目には、歯周ポケットと呼ばれる箇所が存在しており、その部分に多くの細菌が停滞することで炎症を引き起こします。

院内

歯周病の原因

人間の口の中にはおよそ300~500種類の細菌が棲みついています。これらの細菌は普段は悪影響を及ぼすことはありません。しかし、ブラッシングが不十分だったり、糖質を過剰摂取したりすると、ネバネバした物質を作り出し、歯垢として歯の表面にこびりついてしまいます。歯垢には歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在しており、この細菌が発生することで歯周病になると言われています。

歯

歯周病の予防・対策

歯周病の予防や対策には様々なことがありますが、普段から歯周病用の歯磨き粉を使ったブラッシングを行なうことをオススメします。また、歯周病を効果的に予防・対策したいという場合、堺市にある歯科クリニックで治療を受けるといいでしょう。堺市の歯科クリニックでは各患者の口の中の状況を検査した上で最適な予防・対策方法を提案してくれます。

歯周病治療の流れ

歯型

歯石除去

歯周病にかかった場合には、まず精密な検査を受けた後、歯にこびりついている歯石を除去していきます。歯石除去では特殊な器具を使い、効果的に歯の表面を綺麗にしていきます。

口の環境を整える

歯石除去によって歯茎の状態は良くなりますが、歯本体の修復がまだだった場合には事前に治療していきます。その後、修復物や嚙み合わせをチェックして、口の環境を整えていきます。

歯周外科処置

口の環境が整えば、いよいよ歯周外科処置を行なうこととなります。外科処置を用いて、歯槽骨の形態を良くしたり、歯周ポケットを減らしたりします。治療中は医師の指示に従って行動するようにしてください。

メンテナンス

歯周治療後はメンテナンスが非常に重要になってきます。その為、セルフケアは怠らないようにしましょう。また、再発を心配しているなら、病院や歯科で定期的に検診を受けるといいです。

広告募集中